大事なデータが消えても焦らないでプロに復旧依頼をしよう

誤った対策方法を実施しないための周知|データ復旧に活用

社内周知の重要性

ハードディスク

仕事でパソコンを使用していると電源が入らなくなってしまったり、電源が急に落ちてしまったりすることがあります。パソコン関連の業界であれば適切な対処を行なえる可能性も高いですが、そうでない企業は慌ててしまうケースも多いといえるでしょう。誤った対象方法を実施してしまうと大事な業務データが復旧できなくなることもあるのです。企業内部の研修などで誤った対象方法を行なわないように、社員教育を実施するのが最適だといえます。ウィルスやオペレーションシステムの不具合によってパソコンの調子が悪くなった場合は、再起動を繰り返さないようにしましょう。パソコンは通電を繰り返すことで負荷となってしまうからです。ウィルスの場合は社内ネットワークを経由して他のパソコンに感染してしまうリスクもあるので、LANケーブルを外して電源を落とすのが最善だといえます。
最近ではデータ復旧に対応したフリーソフトウェアなども登場してきましたが、長時間利用すると逆効果となってしまうリスクを秘めているので注意が必要となってきます。また、新たにデータ復旧ソフトをインストールしてしまうと、不具合を起こしたハードディスクを上書きすることになるので、避けた方が良いといえます。データ復旧ソフトウェアにかぎらず、新規のソフトウェアはインストールしないようにしましょう。安易にオペレーションシステムの復元を実行すると、パソコンが初期状態になってしまう可能性もあるので、データ復旧業者に依頼するのが一番良い方法なのです。プロの業者なら、安全で迅速に対応してくれるので、間違いがないでしょう。また、気軽に相談から問い合わせることも可能なので非常に便利といえます。

業務パソコンの修理依頼

PC

パソコンという電子機器は様々な使用方法が存在しており、上手く活用すれば個人だけでなく企業内部でも非常に役立つ仕事道具にもなるのです。便利ですが、消耗品なので不具合を起こした場合はスピーディにデータを復旧させるようにしましょう。

もっと読む

メディア毎の修理費用

男性たち

企業内部ではパソコンだけでなく、外付けハードディスクや記録メディア、フラッシュメモリなど様々な媒体に仕事のデータを格納することがあります。優秀なデータ復旧業者は上記全てを対象としたサービスを提供しているのです。

もっと読む

情報を復元させる手順

パソコン

仕事を円滑に進めることができるパソコンは便利ですが、不具合に備えてデータ復旧サービスの利用手順を社内で周知するのが大切です。サービスは初期調査まで無料対応となっているので、余計なコストも抑えることが可能となっています。

もっと読む