情報を復元させる手順|誤った対策方法を実施しないための周知|データ復旧に活用
オフィス

誤った対策方法を実施しないための周知|データ復旧に活用

情報を復元させる手順

パソコン

日々の業務でパソコンを活用している企業は、万が一の場面に備えてパソコンのデータ復旧サービスの利用手順を確認しておくことも大切です。そうすれば、急にパソコンの電源が入らなくなった場合や、電源が落ちてしまった際に慌てることも無いのです。ネット環境が普及した現代ではデータ復旧サービスを提供している業者もwebサイトを運営しているので簡単に利用手順を把握することができます。データ復旧サービス利用の流れはまず、申込みをするためのお問合わせから始まっていきます。朝9時から夜中の24時まで電話受付を行っているので残業中にパソコンが壊れてしまった場合にも対応できるのです。緊急性の低いデータ復旧依頼の場合は、インターネット経由も最適な手段の1つです。
申し込みをした後は、業者の工場内部にて修理対象となる媒体の初期調査を実施していきます。申込み時間や工場との距離にもよりますが、最短であれば6時間で調査は完了するのです。調査終了後は復旧が見込めるデータを一覧で表示してから、お見積を提示するのでこの時点でキャンセルをすることもできます。復旧内容と見積り金額に納得がいけば作業は開始となり、数日でデータ復旧は完了となるのです。また、作業後は念入りなウイルスチェックも実施しているので企業内部のセキュリティも安全に保持することができるでしょう。企業の取引口座から業者へ修理費用の振り込みが確認され次第、データを格納したメディアの発送が行なわれて一連のデータ復旧依頼は完了となります。